ITCワークショップのお知らせ  11月23日(土)・24日(日)
2002 インスー・キム・バーグ 
ステップアップ ソリューション イン ナゴヤ
ご好評のうちに終了いたしました。
内容 -
1)近日邦訳出版予定の"TALES of SOLUTIONS"から最新のSFA
2)スモールグループソリューションディスカッション
3)インスーのケース・スーパーバイズ
4)ステップアップシンポジウム

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ITC家族心理研究センター・日本家族心理学会第18回大会共催

MRI TODAY
 虐待などの困難なケースへのアプローチ

カリーン・シュランガー
2001年6月8日(金)
名古屋国際会議場
  盛況のうちに終了いたしました。ありがとうございました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2000年12月3日(日)

インスー・キム・バーグ

ワークショップ イン ナゴヤ 開催


盛況のうちに終了いたしました。ありがとうございました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 

1999/11/6-7
インスー&ド:シェイザーワークショップにて

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

1999年 ITCセミナー が1999年 2月7日(日) 愛知県医師会館で堀之内 高久 先生をお迎えし、トラウマワークをテーマに行われました。

    臨床の現場において,クライエントが症状の原因を発見しようと,過去,心的外傷について語る場面に遭遇することは決して珍しいことではない。そして,セラピストやカウンセラーもまた,現在よりも過去の出来事,心的外傷にこだわり,とらわれ,窮地に追い込まれていくということも珍しいことではない。さて,こんな時一体どうしたらよいのだろうか?世間ではいろいろな技法が提唱されてはいるが,解決のために有効な方法は??

    堀之内先生は,驚くほどいろいろなスキルをお持ちで,ベテランならではの迫力ある,味のあるセラピーで定評があります。今回のセミナーでは,そんな堀之内先生から解決のために有効な方法と考え方を学びました。

    講師の堀之内 高久先生は国谷誠朗先生、E.マーカス先生らのトレーニングを経て、統合的心理療法を提案。家族療法と個人療法の中にイメージや催眠など、人はみな違うという前提での個々に合ったオーダーメード療法を主張されてます。1985年ころより、「目黒家族療法研究所」を主宰、現在は、「目黒心のケア研究所」として、思春期青年期に限らず、介護者へのメンタルサポートを行っています。

    今回のワークショップでは現在関心を持って取り組んでみえる、トラウマワーク、トラウマセラピーを中心に行われました。定 員 20名を予定したのですが、30名を超える熱心な参加者によって中身の濃いワークが行われました。

    今後も内外の話題の臨床家によるワークショップを企画しております。

ITC 家族心理研究センター